日本サッカー協会(JFA)とオフィシャルサプライヤーのadidasは6日、サッカー日本代表2020ユニフォームの発表会見を行った。このNEWモデルは、来年の東京オリンピックなどで着用する。

ここでは速報の形で、NEWモデルのデザインをご紹介しよう。

Japan 2020 adidas Home

サッカー日本代表 2020 adidas ユニフォーム

今回のデザインコンセプトは『日本晴れ。』で、これまでの日本代表のイメージを覆す斬新なグラフィックを採用となった。このグラフィックは濃淡5色のブルーを空に見立てた「スカイコラージュ」というデザイン。日本国内はもちろん、海外でも大きな話題を呼びそうな一着だ。

サッカー日本代表 2020 adidas ユニフォーム

パンツはネイビー、ソックスはシャツと同じスカイブルーを基調としたデザインとなった。

脇のスリーストライプスやメーカーロゴ、そして選手名、背番号、胸番号はレッドで彩る。この色は「青空の頂点に日の丸が上って行く」様を表現しているという。

サッカー日本代表 2020 adidas ユニフォーム

また、今回のユニフォームにはアンビグラムを用いたパッチが付く。「日本晴れ」と書かれた文字だが、これを逆さにすると「侍魂」と読むことができる。

サッカー日本代表 2020 adidas ユニフォーム

シャツ、パンツ、ソックスのコンプリートはこの様な感じに。素材にはadidas最高峰のクーリングテクノロジー「HEAT.RDY(ヒートレディ)」を搭載。プレーヤーの衣服内環境を快適に保つ。

今回は急ぎ足で男子フィールドプレーヤーのユニフォームを簡単にご紹介したが、各部詳細やGKモデル、なでしこジャパンのユニフォームなどは改めてお届けする。