先月26日に開幕を迎えたFIFA U-17ワールドカップ。日本代表はグループステージを2勝1分けと無傷で終え、決勝トーナメントに進出した。

相手はグループFでイタリア、パラグアイ、ソロモン諸島を相手に1勝1分け1杯で3位となったメキシコ。

前半は0-0のスコアレスで終えたが、57分に立て続けのコーナーキックからマークを外してしまい、失点を喫する。

さらに74分にはカウンターから個人技でシュートに持ち込まれて追加点を献上し、スコアは0-2となってしまう。

その後は反撃を見せるもなかなかゴールまでは結びつかず、2点のビハインドをひっくり返せないまま試合終了の時を迎えた。

【関連記事】U-17W杯で日本爆発!西川潤、オランダを切り裂いた「極上パス」がこれ

グループステージで見せた強さから評価をかなり高めたU-17代表であったが、結果としてはベスト16にとどまり、これまでの最高記録であるベスト8に届かなかった。