今季限りでの現役引退を公式発表した元スペイン代表FWダビド・ビジャ。

バレンシアやバルセロナ、アトレティコ・マドリーでプレーしてきたエースは、アメリカを経て2019年にヴィッセル神戸と契約。Jリーグで今季12ゴールを決めてきた。

記者会見では1年を過ごした日本のサッカーについて以下のように話す場面も。

ダビド・ビジャ

「自分にとって、日本のサッカーはいい意味で本当に驚きだった。

その場で物事を見てから分析するのが好きなので、事前にイメージを持って行くことはしない。しかし日本のサッカーのレベルの高さにはいい意味で驚いた。

ベテラン選手だけでなく、若くて才能があるタレントがたくさんいる。サッカー全体のレベルという点でも素晴らしい国だと感じた。

最後の1年をここでプレーできたことを本当に嬉しく思うし、日本サッカーの持っているポテンシャル、素晴らしい選手たちが世界に多くのものをもたらす可能性は十分あるのではないかと考えている」

わずか1年のプレーであったが、Jリーグは予想以上にレベルが高かったと感じたようである。