サッカーの歴史上もっとも輝いていたあの時代、あのチーム、あの選手の真実がいま明かされる――。

黄金期と呼ばれるジョゼップ・グアルディオラ監督時代を中心に、バルセロナの強さの秘密に迫るドキュメンタリー映画の決定版『ボールを奪え パスを出せ/FCバルセロナ最強の証』がDVDとして12月3日(火)に満を持して発売されます。

それに先がけ、11月23日(祝・土)に吹替版の特別無料試写会イベントが開催されました。

舞台挨拶として熱狂的なバルセロナ・ファンとして知られる歌手の小柳ルミ子さん、サッカー解説者で元日本代表の川勝良一さん、そして、スポーツ専門チャンネル「J SPORTS」のプロデューサー菅原慎吾さんが登壇。

各々がサッカー愛あふれるスピーチをされていたので、映画の内容とともに簡単にレポートしてみたいと思います。

伝説からはや10年。見えてくるものは?

サッカー史上最強のチームはどこか?

サッカー好きならばいちどは考えるであろう永遠のテーマですが、さまざまな議論のあるなか、まっさきにグアルディオラ監督時代のバルセロナを思い浮かべる人は多いはず。

2008年~2012年の4シーズンで、リーグ優勝3回、UEFAチャンピオンズ・リーグ優勝2回、クラブ・ワールドカップ優勝2回、とタイトルを総なめ。その圧倒的な成績とともに、エンターテインメント性でも他の追随を許さなかった最強チームは、今なおサッカーのお手本として参照されつづけています。

本作、『ボールを奪え パスを出せ/FCバルセロナ最強の証』は、そんな黄金期のバルセロナの真実を選手・監督・関係者の嘘偽りのない証言を通して明らかにした貴重なドキュメンタリー作品になっています。

プロレスさながらの舌戦をくりひろげたモウリーニョへの敵愾心をむき出しにするグアルディオラ監督の姿や、ロナウジーニョとの不仲をにおわせるエトーの発言など、赤裸々に明かされる舞台裏の人間模様もその大きな見どころ。

小柳ルミ子

サッカーファンにもお馴染みになった歌手の小柳ルミ子さん

2009年チャンピオンズリーグ準決勝のチェルシー戦で決めたイニエスタの伝説のミドルシュートや、18日間に四度ものクラシコが開催された当時の狂騒を貴重な映像とともにあらためて振り返ると、長いサッカーの歴史のなかでも最高に輝いてい た時代だったのかもしれない、と感慨もひとしおです。

そしてまた、肝移植手術からわずか2カ月でチャンピオンズリーグ決勝の舞台で先発出場をはたしたアビダルの復活劇もとてつもない偉業だったのだと、胸に熱い思いがこみ上げずにはいられません。

これまでも、ヨハン・クライフを擁したバルセロナ、アリゴ・サッキの率いたACミラン、「銀河系軍団」と称えられるドリームチームだったレアル・マドリーなど、時代を象徴するチームが存在してきましたが、ピッチ内外の出来事もふくめ、グアルディオラ期のバルセロナほどドラマティックな物語性を持っていたチームは他に二つとないでしょう。