先日ウナイ・エメリ監督が解任されたため、アーセナルの暫定的な指揮官に就任したフレドリック・ユングベリ。

初戦となったノリッジとの試合は2-2の引き分けに終わり、スタートを白星で飾ることはできなかった。

話題となったのは、その試合で指揮を執っていたユングベリ監督に対し、解説者のポール・スコールズが「彼はスーツを着ていない」として批判したのである。

その件について記者会見で質問を受けたユングベリは…。

フレドリック・ユングベリ

「それは非常に重要なことだね。

しかし突然のことで、スーツはドライクリーニングに出していたから、準備ができなかったのさ!

プレミアリーグでは、ジャージを着た監督、スーツを着た監督、セーターを着た監督も見てきた。だから私は試合の日にどれを着るかを選んだ。

(クラブのスーツを着る?自分のスーツを着る?)

「どちらを選ぶか、その時にならないとね。私はクラブのスーツを着なかったが、まさかそれが議論の種になるとは思わなかったね。

ただ、私が着るものを皆が見ているという事実を確認することはできたよ」

苦笑しながらスコールズの批判をかわしてみせたユングベリ。難しい状況にあるアーセナルを救うことができるだろうか。