先日行なわれたノリッジ対アーセナルの試合で一つの動画が話題になった(動画はASに飛んでご覧ください)。

通路の横で佇むマスコットボーイをアーセナルの選手が一瞥もせずに通り過ぎていく。記事にも「信じられない無礼な態度」と書かれてしまった。

その模様がノリッジのIstagramのストーリーで掲載された。この動画がSNSで出回り、「アーセナルはひどい」という批判に結びついてしまったのだ。

しかしその批判に対し、後にアーセナルのDFカラム・チェインバースが自身のツイッターでこんな写真を掲載した。

カラム・チェインバース

「カメラは時に物語の一面だけを見せる。試合前、常に小さなガナーズのマスコットをドレッシングルームに迎えるのは素晴らしいことだ。

ビリーが日曜日にノリッジで素晴らしい一日を過ごしたことを願うし、彼と会えたことは光栄だった」

映像は現実をそのまま映すものだが、一場面を切り取った場合は違う印象を与えることがあると訴えた。

オーバメヤングやラカゼットもこのチェインバースのツイートにリプライし、邪険にした事実はないことを明らかにしている。