ラ・リーガ第16節、バルセロナ対マジョルカ戦にフル出場した久保建英。 チームは5-2で敗れたものの、ピッチ上では確かな存在感を見せた。

ただ、カンプ・ノウのサポーターたちからブーイングを浴びるシーンも。その瞬間がこれ(以下動画50秒~)。

久保がボールを持った瞬間、スタンドからは湧き上がるようなブーイング…。ただ、そんなことにはお構いなしとばかりに鋭いクロスを供給してバルサを脅かしてみせた。

試合後、久保はレアル・マドリー移籍という決断をした自分はブーイングされて当然とコメント。そのうえで、ライバルとして見てくれるのは嬉しいとも口にしていた。