セリエA王者のユヴェントスがついに今季初黒星を喫した。第15節ラツィオ戦に3-1で逆転負けしたのだ。

クリスティアーノ・ロナウドのゴールで先制するも、そこから3失点。フアン・クアドラードがVARで一発退場になり、終盤は数的不利も強いられた(退場シーンは以下動画2分55秒~)。

ボールに行こうとはしていたが…。セルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチの完璧トラップ(3分50秒~)も必見だ。

これで2位転落となったユーヴェ。『A Bola』によれば、サッリ監督は選手たちへの不満を口にしていたという。

マウリツィオ・サッリ(ユヴェントス監督)

「多くの選手がチームの戦略をリスペクトしておらず、間違ったポジションにいた。

我々はその注意散漫の代償を払うことになった。

パウロ・ディバラはよりボールの近くにいるはずで、フェデリコ・ベルナルデスキがより中央よりのポジションに流れた。

これらのことは試合前に言っていたことだが、そうはならなかった」

試合前の指示を順守しなかった選手がいたと指摘していたようだ。