レッドブル・ザルツブルクに所属する日本代表FW南野拓実。リヴァプールへの移籍がほぼ決まったと現地では伝えられている。

その南野がリヴァプール相手に突き刺した一撃がこれ(以下動画35秒~)。

アンフィールドを黙らせる会心の一発!

『Liverpool Echo』では「リヴァプールの1月の最初の補強はほぼ確定」として南野を特集。ジェイドン・サンチョの代役としてはパーフェクトだとしている。

その内容をざっくりまとめてみる。

『Liverpool Echo』

「サンチョはすでに欧州中に名を知られている大スターだ。だが、クロップのチームにとっては南野のほうが理に叶っている。

2人は多機能な役割を果たすことができる非常にバーサタイルなアタッカーだ。

サンチョはほぼサイドが主戦場で、右からカットインしてシュートを狙える左にいることが多い。

しかし、南野はバーサタリティではレベルが上だ。3トップのどこでもプレー可能。また、攻撃的MFだけでなく、3人の中盤の8番もこなせる。

(ボールを持った時は素晴らしい)サンチョだが、サイドからのものが多い。

2人とも得点するだけでなく得点チャンスを作り出すこともできる。

南野はサンチョよりもアシスト数は少ないが、(データ上は)よりよい決定機を作り出している。

バーサタイルな南野だが、今季はより中央寄りな役割で起用される傾向にある。

それは、ラストパスやシュートで終わるシンプルなプレーよりも、ゴールにアプローチするビルドアップのプレーを頻繁に調節していることになる。

南野は両者(サラーとマネ)のカバーとして機能する能力を持っている。

だが、それと同時に3トップのなかで最も置き換えるのが難しいであろうロベルト・フィルミーノのスキルセットを複製することもできる」

破格の移籍金がかかるサンチョに比べてお手頃な価格であること、そして中央でもプレーできる点が評価されているようだ。

また、「リヴァプールの唯一無二である9番(フィルミーノ)との類似性を持っている」ことでサンチョを上回るかもしれないとも。フィルミーノの代役になれそうな点も評価されている。