熱戦続くプレミアリーグ。監督交代に踏み切ったばかりのエヴァートンは敵地でマンチェスター・ユナイテッドと対戦した。

この試合では驚きの交代シーンがあった。エヴァートンは後半25分に投入したモイーズ・キーンを後半44分でベンチに下げたのだ。その瞬間がこれ。

さすがに凹んでいるように見える…。

1-1で終了した試合後、ダンカン・ファーガソン暫定監督は交代させた理由をこう述べた。

ダンカン・ファーガソン(エヴァートン暫定監督)

「彼は試合のペースについていけていないと思った。

また、ベンチに多くのアタッカーがいて、時間を稼ぐために交代をする必要があった。それだけさ」

指揮官はパフォーマンスのせいで交代させたわけでないとも口にしたそう。

ただ、キーンはタッチ数9、パス成功数1/4、デュエル勝利数0/4、ファウル数3とあまり貢献できていなかった。