ブレーメンに所属する大迫勇也はブンデスリーガ第16節マインツ戦に先発出場した。

試合序盤に見事なターンから決定的シュートに持ち込む場面も。そのシーンがこれだ(以下動画20秒~)。

見事なターンでDFを置き去りに!

動画35秒~からの角度から見ると、一瞬で置き去りにする様子がよく分かる。ただ、後ろからDFに掴まれたこともあり、シュートは決められず。

この後、ブレーメンは前半だけで4失点。6-1で敗れたバイエルン戦に続き、5-0という大量失点で惨敗してしまった。

フロリアン・コーフェルト監督は「前半については説明できない」、ニクラス・モイサンデルとクシミリアン・エッゲシュタインは「自分たちを恥じなければいけない」とコメント。

15位に沈むブレーメンは週末のケルン戦が年内最終戦になる。