オランダ1部リーグのフィテッセからの退団を表明した本田圭佑。CSKAモスクワ時代の恩師であるレオニド・スルツキー監督の退団に続くような形でチームを去ることになった。

フィテッセではノーゴールに終わったが、コーナーキックを直接叩き込みかけたこんなシーンもあった(以下動画7分11~)。

 

これは惜しかった…。

フィテッセを去ったスルツキー氏だが、先日ロシア1部リーグのルビン・カザンの新監督に就任。

『Match TV』によれば、本田はロシアの地でスルツキーと再会するかもしれないという。

ルビンは本田に興味を示しており、ロシア復帰説が浮上しているとのこと。前半戦を13位で終えたルビンは10月以降勝ちがない。本田はルビンと契約を結ぶかもしれないとロシアでは伝えられてるようだが…。