1月に入ったことで移籍市場にも動きが出てきた。

そうした中、北朝鮮人として初めてセリエAでプレーしたハン・グァンソンはイタリアを去るようだ。21歳のハンはカリアリ時代にこんなセリエA初ゴールを決めた選手だ(以下動画2分40秒~)。

見事な反応とヘッド!これがデビューわずか2戦目でのゴールだった。

彼は今季カリアリからユヴェントスに2年間のローンで移籍、2021年からは完全移籍することになっていた。

だが、『gianlucadimarzio.com』によれば、カタールのアル・ドゥハイルへの移籍が間近になったとのこと。アル・ドゥハイルは中島翔哉もプレーしたクラブで、ユーヴェからはマリオ・マンジュキッチが移籍したばかり。

ハンはすでにカタールでメディカルチェックを受けており、48時間中に移籍が正式決定しうるという。ユーヴェは彼を買い取ったうえでカタールに売ると伝えられており、完全移籍でイタリアを去るようだ。