先日フレドリック・ユングベリ暫定監督から置き換えられる形でアーセナルの指揮を執る事になったミケル・アルテタ氏。

ただ、初陣となったボーンマス戦から5試合で2勝2分け1敗と決して好成績を残せてはおらず、先日のクリスタル・パレス戦でも1-1の引き分けに。

エースのオーバメヤングは先制ゴールを決めたものの、こんな一発レッドで退場に…。

守備の問題を解決しなければならないアーセナルであるが、先日マヴロパノスをニュルンベルクにローンで放出するなど、補強よりも退団が進んでいる状態。

しかし今回『Daily Mail』の報道によれば、アーセナルはマンチェスター・シティに所属しているイングランド代表DFジョン・ストーンズの獲得を準備しているそうだ。

ストーンズは今季シティで10試合しか出場しておらず、EUROへの出場を目指すために継続的なプレー機会を求めている。

また、ミケル・アルテタ監督とジョン・ストーンズは同じ代理店にマネージメントされているため、ローンという選択肢も含めて議論を進めているという。