『FourFourTwo』は「マンチェスター・シティが過去10年間で行った8つの奇妙な契約」という記事を掲載した。

先日マンチェスター・ユナイテッドとのダービーマッチを制してプレミアリーグ首位に躍り出たシティ。残り3試合の相手を考えても、2連覇の可能性はかなり高くなったといえる。

現在プレミアの盟主であるといえるシティだが、そんな彼らでもちょっと奇妙な形で選手を獲得したことはあり…。そんな8名とは?

オーウェン・ハーグリーヴズ(2011~2012)

オーウェン・ハーグリーヴズ

出場:4試合

デニス・ローやビリー・メレディス、カルロス・テベスらと並び、マンチェスターの両クラブでプレーした珍しい選手。そして、そのどちらでも苦しんだ。

ユナイテッドから2011年に加入した際、驚きを持って迎えられた。オールド・トラッフォードでは4年で27試合しか出場していなかったからだ。大方の予想通りほとんど怪我で使えなかった。