昨年、トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が得点を演出したボールボーイとハグを交わし、ボールボーイの重要性があらためて注目されたことがあった。

そうした中、ボールボーイを蹴りつけたことで一発退場にさせられた選手が話題になっている。

チュニジア1部リーグ、CSハマム=リフ対CAビゼルタン戦での仰天シーンがこれだ(以下動画28分35秒~)。

ボールボーイに猛然と詰め寄った選手が後ろから膝蹴り!だが、その前にボールボーイはこの選手が履いていたスパイクをスタンドめがけて放り投げている…。それに怒った選手が報復した形のようだ。

スパイクを投げられたのは、アウェイ側の選手だったようだが、少年はなぜこんなことをしてしまったのか…(やられた選手が直前にダイブ気味に倒れて痛がっていたので、それに腹が立った?)。

右足のスパイクを無くした選手はこの後にレッドカードを突きつけられている(動画31分40秒~)。