プレミアリーグ初優勝に向けて突き進むリヴァプール。今季はすでに2つのタイトルを手に入れている。UEFAスーパーカップとFIFAクラブワールドカップだ。

8月に行われたスーパーカップで英雄になったのは、加入したばかりだったスペイン人GKアドリアン。

守護神アリソンが負傷欠場するなか、PK戦で優勝を決めた瞬間がこれだ(以下動画1分23秒~)。

足セーブ!クロップもチームメイトも大喜び!

ベティスで育成されたアドリアンは25歳でプロデビューした遅咲き。33歳にしてこれが初のタイトル獲得だった。『BBC』のインタビューでこんな秘話を明かしていたぞ。

アドリアン(リヴァプールGK)

「両親の家にみんな集まったんだ。妻、親友、義理の両親も。

全てのことがあまりにも急だったので、彼らは試合のためにトルコに向かうチャンスさえなかった。それを手配できなかったんだ。

ビデオ電話で実家に集まった人たちの嬉し涙を見たことはいつまでも忘れないよ」

「(チームのほぼ全員が寝静まった夜遅くに)

ジェームズ(・ミルナー)から一晩トロフィーを持っていけよと言われたんだ。

その意味を理解するのに数秒かかった。君以上に誰がいる?と言われたので、それに乗ったんだ」

ミルナーはヒーローになったアドリアン以上にふさわしい選手はいないと、一晩だけ優勝トロフィーを自分の部屋に持っていけと言ってくれたそう。

現地まで来ることができた兄弟や親友数人がホテルの部屋で待っていたそうで、アドリアンは「僕の初めてのタイトルであるスーパーカップを抱えて部屋に入った。彼らの表情、最高だったね」と語っている。