プレミアリーグで圧倒的な強さを見せるリヴァプール。だが、UEFAチャンピオンズリーグのラウンド16ではアトレティコ・マドリーに1-0で敗れた。

開始4分で失点したリヴァプールは枠内シュートゼロで敗れることに。この試合ではディエゴ・シメオネ監督がスタンドのアトレティたちを鼓舞するように煽る様子も話題になっている。

CL公式によれば、試合後にそれについて聞かれたユルゲン・クロップ監督はこう答えたという。

ユルゲン・クロップ

「自分がアンフィールドでそれをやる必要はないと思う。

まだ終わっていない」

一方のシメオネはこう述べいていた。

ディエゴ・シメオネ

「私はここに8年いるが、試合全体を通してこんな観客たちを見たことはなかった。

本当にエモーショナルだった。

今日、自分のもとにきた言葉は“静けさ”だ。サイドラインで仕事をしている時は自分の好きなことをやれる」

そのシメオネがやった煽りシーンはこれだ(以下動画4分40秒~)。

シメオネの熱さ爆発!

3月12日に行われるアンフィールドでの2ndレグが今から楽しみだ。