ポルトに所属する日本代表MF中島翔哉は第24節リオ・アヴェ戦に先発出場した。前半18分に記録したアシストがこれだ。

コーナーキックがファーにこぼれてくると、中島はダイレクトで折り返す!これをフリーになっていたDFシャンセル・ムベンバが冷静に蹴り込んだ。

中島はノールック気味にパスを送っており、相手も全く対応できなかった。

ただ、試合は1-1の引き分けで終了。ベンフィカが2戦連続ドローと足踏みしているなかで、ポルトは勝点2をとり逃がしたような形に。

セルジオ・コンセイソン監督は、VARによって3cmのオフサイドだったとして取り消された得点に触れつつ、「こんな状況で何を言えばいいのか分からない」と述べていたそう。