現在欧州でも猛威を振るっている新型コロナウイルス。その影響によって多くの試合が延期、あるいは無観客での開催となり、監督や選手の握手が禁止されるという事態になっている。

11日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのリヴァプール対アトレティコ・マドリーは通常通り観客を入れて行われたが、入場時にはこんな場面も。

トンネルからピッチに入ってきたクロップ監督。しかし、脇から手を伸ばしてきたファンに対して…。

「手を下げろ、○○バカ野郎」と怒りを表す!

新型コロナウイルスは唾液の飛沫が手などの接触を介して感染すると発表されているため、選手を守ろうとカッとなってしまったのだろうか。

なお、試合は結局リヴァプールが2試合合計2-4と敗北し、前回王者でありながらベスト16で大会を去ることになっている。