新型コロナウイルスの影響で世界各国のサッカーリーグは延期・中断を余儀なくされた。しかしニカラグアはそれでも試合が続いており、これだけの盛り上がりを見せていた。

この風景、試合が恋しくなる…。

他にもタジキスタン、ブルンジ、そしてベラルーシのリーグは継続されており、さらに韓国が今回それに続くこととなった。

無観客ながらも韓国はKリーグを再開させることを決定し、金曜日には試合が行なわれる。全北現代と水原三星という好カードもあり、多くの国が放映権を取得したとも。

ただ『BBC』によれば、韓国はかなりの感染対策を行っての再開になるようだ。Kリーグの役員ウ・チョンシク氏はこう語ったそう。

ウ・チョンシク

「過度に水を吐いたり、鼻をかんだりするのは禁止される。選手は密接な会話も控えなければならない。

選手たちが習慣的にやっている唾吐きや対話は、試合中警告の対象となる」

なお、水原三星に所属するオーストラリア代表FWアダム・タガートは以下のように話しているそう。

アダム・タガート

「我々は完全な説明が受けられるのを待っている。話が正しければ難しいことになるだろう。

話すことで警告を受けるなら、あらゆるときにレッドカードが舞い踊ることになるはずだよ」

【関連記事】再開後のサッカーは「ピッチに唾吐くとイエローカード」へ

たしかに会話で警告が出てしまうとなれば、何人退場するかわからない…。