新型コロナウイルスの影響により、世界各国のサッカーリーグが延期・中断を余儀なくされている。

試合が行えない中で様々なクラブやリーグが『#OnthisDay』というハッシュタグキャンペーンで過去の「その日に起こった出来事」を配信している。

その中で12日にバルセロナが投稿したのがこれ。2015年に行われたUEFAチャンピオンズリーグのバイエルン戦で見せたGKテア・シュテーゲンのセーブだ…。

改めて見ても神業すぎる…体は完全に逆方向に動かされていたが、残していた左手一本でブロック!さらにすぐさま立ち上がり、ライン上で掻き出して見せた。

【関連記事】バルセロナに所属したオランダ人選手、最高の5名の最悪の5名

当初はクラウディオ・ブラボとの併用だったが、ライバルの移籍後は絶対的な守護神となっているテア・シュテーゲン。このプレーを見れば、その実力の高さは一目瞭然だ。