新型コロナウィルスの感染拡大防止による緊急事態宣言下が続く東京。コリーに勤める私もその例外ではない。

自粛生活となると外へ出ていくことは難しいので、隙間時間は部屋を片付けている。そこで見つけて思わず感慨にふけったのが壊れたデジタルカメラだ。

なんでサッカーのwebサイトでデジカメの思い出話?と思うだろう。

実はこのデジタルカメラはコニカミノルタ製。そして、2005年9月からコニカミノルタのは一部製品のイメージキャラクターをロナウジーニョが務めていた。氏はテレビCF、雑誌広告、交通広告、カタログに登場した。

当時コニカミノルタは「その「テクニックの高さ」と合わせて「スピード感」、「独創性」、「ユニークさ」と言ったイメージも合わせもっており、独創的な製品やサービスで、“お客様に新鮮な驚きと感動を提供し続ける企業”であることを目指すコニカミノルタグループの企業イメージ及び製品イメージとマッチしている」と発表していた。

Qoly.jpは2009年からスタートしたが、それ以前から会社はスタートしており初期のQolyではこのコニカミノルタのデジタルカメラも活用された。

実は私自身カメラはコニカミノルタ派ではなかったがサッカーの会社ゆえ「ロナウジーニョを採用する会社」を選ぶのは当然というか必然であった。

しかし、あいにく2006年にすぐコニカミノルタはデジタルカメラ事業を撤退。資産は一部をソニーが継承し「α」の名前だけは今も残っている。

デジタルカメラ撤退後もロナウジーニョはコニカミノルタのCMに出演し素晴らしいドラムテクニックを披露している。