スコットランドの1部リーグに当たるスコティッシュ・プレミアリーグは18日、「今シーズンのリーグを即時終了することを決めた」と発表した。

世界に感染を広げた新型コロナウイルスの影響により、3月13日に行なわれた試合を最後に中断を余儀なくされていたスコットランドリーグ。

その後2~4部に関してはシーズンを終了させられないとしてその時点での結果によって順位表を確定させていたが、プレミアシップについては検討が続けられていた。

しかし今回、リーグがプレミアシップに所属する12のクラブとの協議を行った結果、満場一致でシーズンの即時終了が合意に至ったとのこと。

なお、順位については以下の通り。

  1. セルティック
  2. レンジャース
  3. マザーウェル
  4. アバディーン
  5. リヴィングストン
  6. セント・ジョンストン
  7. ハイバーニアン
  8. キルマーノック
  9. セント・ミレン
  10. ロス・カウンティ
  11. ハミルトン・アカデミカル
  12. ハーツ

早期の終了とはなったものの、降格については予定通り行なわれることになり、食野亮太郎選手が所属しているハーツは2部に落ちることが決定した。

今季はマンチェスター・シティからのローンでハーツに所属していた食野亮太郎。レンジャーズ戦ではジェラード監督を前にこんなシュートを決めていた(以下動画20秒~)。

しかしシーズンを通しては18試合に出場して3ゴールとなかなか苦しい状況が続き、代表活動での離脱も響いて後半戦はチャンスが乏しかった。

【関連記事】全員わかる?海外からクラブW杯に出場した6名の日本人

来季は果たしてどこでプレーすることになるだろうか…。