大陸別の王者が集うFIFAクラブワールドカップが12月12日~22日にUAEで開催される。

欧州王者と南米王者が戦ったインターコンチネンタルカップ(トヨタカップ)が現在の形に姿を変えたのは2005年のこと。以来、日本を中心として開催されてきた同大会には、海外クラブに所属しながら参戦した日本人選手がいる。

今回はそんな6人のサムライたちをご紹介しよう。

岩田 卓也

岩田 卓也

出場年度:2012、2013、2014、2015、2016、2017年
所属クラブ:オークランド・シティ(ニュージーランド)

クラブワールドカップの日本人といえば、何といっても岩田卓也だろう。

地域リーグ時代のFC岐阜を経て海を渡った“魂の左サイドバック”は、今年こそ出場を逃したものの、2012年に初めて出場してから6大会連続で参加した。

2014年には3位という素晴らしい結果を残し、2015年大会に行われたサンフレッチェ広島との一戦では、流血し頭に包帯を巻きながらも戦い続ける姿が見るものの心を打った。