ジョゼ・モウリーニョ監督時代に見出され、マンチェスター・ユナイテッドの中心的な選手に成長したスコット・マクトミネイ。

ギャリー・ネヴィルからは「彼にユナイテッドのボランチは無理」と指摘されたが、その評価をはねのけて今季は20試合に出場、4ゴールを決めるなど活躍した。背番号39を着ける彼のベストモーメントがこれ。

やはりあのアンリばりの膝滑りを生み出した超ロングシュート!

そんなマクトミネイ、この新型コロナウイルスによるロックダウン中にも大きな話題に。「5kmランチャレンジ」という企画で、なんと15分45秒というプレミア1のタイムを記録したのだ。

その体格に素晴らしい体力を備えるマクトミネイ、Instagramで披露した肉体はこんな感じだった。

これは引き締まった細マッチョ…!

ただこの投稿にはブルーノ・フェルナンデスが「スコッティ、ボールを持ってトレーニングすることはとても重要だぞ、それを忘れるなよ!」と釘も刺していたり…。

【関連記事】マンチェスター・ユナイテッド「2010年代のベストイレブン」はこれ

マンチェスター・ユナイテッドも試合再開に向けて練習がスタートしている。ボールはともかく、マクトミネイのフィットネス面は完璧なようだ。