先日再開されたブンデスリーガでいきなりゴールを決めてみせたドルトムントFWアーリン・ホーラン。豊かな体格と圧倒的な速度、さらに飛び込みのセンスを兼ね備えるスーパー19歳だ。

まさにストライカーという合わせ方!これで今季は公式戦34試合41ゴールという成績に。

ますます注目を集めている彼について、『AS』はホーランが13歳のときにコーチを務めていたベルントセン氏に話を聞いたという。

その中では、なんと13歳からの1年で15kgもの筋肉を増やしたというとんでもないエピソードが…。

アルフ=インヴェ・ベルントセン

「13歳の時、すでにあの子供はノルウェー代表に入る選手になるだろうと思っていたよ。彼は特別な仕事倫理と戦術的センスを持っていた。

また、彼の体は非常にトレーニングに対する反応がいい。遺伝的に特別なものを持っているんだ。

彼は12ヶ月で15kgも筋肉を増やしたんだ。クレイジーだよ。我々は彼の筋肉を1から作っていった。アーリンは頻繁に食堂へ行き、皿に山盛りの食べ物を乗せていたよ。

私はアーリンのためにサーキット・トレーニングを設計した。袋を叩くような練習があったのだが、ある日には彼がそれを破壊してしまったよ」

【関連記事】今、欧州トップリーグで「最も印象深い」超若手スター9名

まだ未成熟な少年時代に、1ヶ月1.3kgほど筋肉を増やすとは…。トップレベルのボディビルダークラスの増加量である。