新型コロナウイルスの影響で中断されていたリーグ戦を5月28日から再開させるデンマーク。

それに向けたコペンハーゲン対オーデンセとの練習試合が驚きのゴールを生まれた。

後半41分にオーデンセの同点ゴールを決めたのは、なんと選手ではなくアシスタントコーチだったのだ!現役選手たちもびっくりのスーパーゴールがこれ(以下動画4分16秒~)。

うまっ!なんという余裕…。

このゴールを決めたのは、オーデンセの助監督であるヘンリク・ハンセン(40歳)。現役時代はU-19デンマーク代表でもあったMFで、2015年に引退している。

同氏は13人目の交代選手として後半39分に“急造FW”として投入されると、そのわずか2分後にこの劇的ゴールを決めた。

【関連記事】サッカーの“色”に合うスニーカーってどれくらいある?『Hummel』で調べてみた

試合後、オーデンセの監督は「より多くの若手選手を連れてくることはできなかった、彼らはコロナの検査を受けていないからね」と述べていたそう。