ジェシー・マーシュ(レッドブルザルツブルク監督)

「タキのことで痛かったのは、リヴァプールが彼をあまりに安く手に入れてしまったことだ。

でも、これは移籍市場と選手契約のマネージメントの一部でもある」

「サラーやサディオ(・マネ)のポジションでプレーすることは、彼は最も得意としているものではない。彼らは非常に爆発的なトランシジョンの動きをしているからね。

ロベルト・フィルミーノのポジションならうまくやれると思う。

ボールに向かってプレッシングする準備ができつつ、ボールを持ったらビルドアップのために10番の位置に入り、ゴールを奪うためにボックス内に進入する。

フィルミーノはそれが非常に得意だが、タキも上手くやれるものだと思う。

それから、彼は中盤である8番の位置でもプレーできると思う。とてもインテリジェントだからね。

リヴァプールのシステム内なら、フィルミーノか6番の周りのポジションが彼にとっていいだろう」

時間はかかるかもしれないが、間違いなくリヴァプールでもやれると絶賛していたそう。

そんな南野がリヴァプールで逃した最も惜しかった瞬間といえば、これだ(以下動画2分40秒~)。

何度見ても無念…。

【関連記事】 1年目は微妙でも…プレミア移籍2年目でブレイクした6名の選手

ここからの大暴れを期待したい。