新型コロナウイルスの影響で中断されていたリーグ戦を6月11日から再開させるスペイン。

そうしたなか、バルセロナFWリオネル・メッシが、コロナ後の世界について語った。『El País』に対して、こう述べたそう。

リオネル・メッシ(バルセロナFW)

「僕らほぼ全員に今後の世界がどうなっていくのかという疑問が残されている。

ロックダウンや僕らを驚かせた状況のなかで多くの人は大変な時を過ごした。

親類や友人を亡くしたり、亡くなった人達に別れを告げることもできないなど、この状況は何らかの形で影響を与えたからね。

この危機において、多くのネガティブなことがあったと思う。でも、最も愛する人達を失うこと以上に最悪なことはない。

自分も非常に大きなフラストレーションを感じたし、全くもってアンフェアだと思う。

サッカーがこれまでと同じままであることは決してないだろう。

でも、それはサッカーだけじゃない。人生全てがこれまでと同じではなくなると思う」

今月24日で33歳になるメッシ。今季も圧巻のプレーを連発しており、久保建英にはこんなスーパーシュートを見せつけた(以下動画2分~)。

こりゃえぐい…。マジョルカ選手たちも唖然茫然。

【関連記事】日本人も…この12年に生まれた「NEXTメッシ」はどうなったのか

リーガ再開初戦では、マジョルカvsバルサ戦も組まれている。久保vsメッシにも注目が集まりそうだ。