昨年現役を引退することを決断した元イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオ。

ユヴェントスで長くプレーしたあと、ロシアのゼニト・サンクトペテルブルクに移籍。しかし慢性的な怪我もあってなかなか出場機会が多くはなく、昨年10月にスパイクを脱ぐことを決断した。

サッカー界屈指のイケメンとして知られていた彼も引退から半年以上が経過し、さらに雰囲気が柔らかくなってきた。

と思えば、Instagramで掲載されていた裸体の写真を見ると、むしろ端正の取れたスタイルに…!

筋肉の鎧をまとったような感じではないが、かなり鍛えられている…。作り物っぽくないのがリアルだ。

引退を決断したとき、ユヴェントスからはこんなに壮大な動画も発表されていた。

一番最初、若き頃のマルキージオの初々しさと言ったら…かわいいとしか言いようがない。

長らく中盤で重要な役割を果たし、堅実でバランスの取れたプレー、そしてビジュアル面でもクラブに貢献してきた。

【関連記事】引退後太ってしまったあのレジェンドサッカー選手たち

引退後すぐに太ってしまうような選手もいるなかで、やはりそこはマルキージオである。