新型コロナウイルスの影響で中断されていたリーグ戦を再開させたポルトガル。

マリティモのFW前田大然はヴィトーリア・セトゥバル戦に先発出場。圧巻のヘディングでゴールに迫ったこんなシーンもあったぞ!

高い!身長173cmと小柄な前田だが、見事な跳躍からどんぴしゃヘッドを見舞ってみせた。決まっていれば文句なしだったが…。

【関連記事】ウイイレ2020、「ジャンプ力最強のCF」TOP10がこれ

前田は79分までプレーし、試合は1-1の引き分けで終了。マリティモのジョセ・ゴメス監督は「断然うちのほうがよかった」と勝てなかったことを悔やんでいたとか。

11日に行われる次節は中島翔哉が所属するポルトとの対戦になる。