ブラジル全国選手権を戦うコリンチャンスは17日、「元ブラジル代表FWジョーを獲得した」と公式発表した。

また、すでにジョーのTwitterアカウントのアイコンとトップ画像はコリンチャンスユニフォームのものになっている。

ジョーは2018年に名古屋グランパスと契約し、Jリーグ1年目に24ゴールを奪取して得点王に輝く活躍を見せたFW。その全ゴールがこれだ。

元ブラジル代表の肩書きに違わぬプレーを見せてきたが、枠年はわずか6ゴールと急ブレーキ。先日からは古巣でもあるコリンチャンスへの復帰を希望していることが伝えられ、今回ついに契約が発表された。

『Globo』によれば、ジョーとコリンチャンスの契約は2023年末までの3年半。7月1日から合流し、トレーニングを開始する予定であるとのこと。

【関連記事】ウイイレ2020「スタミナ最強のストライカー」TOP9

ただ、コリンチャンスはこの数年かなり負債が増加して経営が厳しい状況が続いているため、資金の面で心配する声もあるようだ。