リヴァプールが誇る最強3トップの一員としてゴールを量産しているエジプト代表FWモハメド・サラー。

かつて宿敵マンチェスター・ユナイテッドのエースだったウェイン・ルーニーが彼について語った。

『The Times』のコラムで、ユナイテッド時代のクリスティアーノ・ロナウドに匹敵すると評価した。

ウェイン・ルーニー

「サラーはロナウドがユナイテッドでしていたことをやり始めている。

もしDFやMFとして彼と対峙した場合、ただそこにいて、守備のためにあまり戻らないけれど、常に脅威になっているということについてね。

カウンターでの彼は怖い」

あまり守備には戻らないものの、常に高い位置にいることで相手の脅威になっているということだ。

ちなみに、ユナイテッド時代にはアンフィールドで1点も奪えなかったロナウドだが、レアル・マドリーではこんな一撃を突き刺している。

ハメスとの絶妙コンビでゴールゲット!

【関連記事】 岡崎と同じくらい守備での貢献度がハンパない世界のフォワード5人

ちなみに、ロナウドはリヴァプール戦12試合で3ゴールという戦績だ。