最終盤を迎えている2019-20シーズンのプレミアリーグ。今季2部から昇格してきたノリッジだが、1年での降格が決まってしまった。

第35節ウェストハム戦に0-4で敗戦。公式7連敗で降格が決定した。

試合直後、ピッチ上でうなだれていたDFマックス・アーロンズが思わず涙していたシーンがこちら。

見るにも辛い…。ダニ・ファルケ監督も思わず感情的になっていたようだ。

【関連記事】プレミアリーグ、降格を味わいすぎた7名の男たち

Optaによれば、ノリッジはプレミアリーグから5回降格した初めてのチームになったという(4度降格はクリスタル・パレス、WBA、サンダーランド、ミドルズブラ)。

ファルケ監督は「本当にがっかりしている。形勢を逆転したかったのだが…」としつつ、「財政的なプレッシャーは全くないので、クラブとしての状況は非常にいい」と前向きな発言もしていた。