日曜日に行われたノースロンドンダービーにおいて、ライバルのトッテナム相手に2-1と敗れてしまったアーセナル。

アレクサンドル・ラカゼットの強烈なミドルシュートで先制点を決めたときには、勝利を半分手にしたかと思われたが…。

これは強烈!ゴール左隅に叩き込んだ。

ところが、その後ソン・フンミンにカウンターからループシュートを決められると、後半終了間際にコーナーキックから失点。トビー・アルデルヴァイレルトにヘディングを許してしまった。

『The SUN』によれば、今季のアーセナルは非常にセットプレーで弱く、その失点数と失点率がこうなっているという。

プレミアリーグ各チームにおけるセットプレー失点数/失点率

  1. シェフィールド・ユナイテッド:5失点/15.2%
  2. バーンリー:10失点/21.3%
  3. ウォルヴァーハンプトン:8失点/21.6%
  4. トッテナム:10失点/22.2%
  5. クリスタル・パレス:10失点/22.2%
  6. サウサンプトン:13失点/23.3%
  7. ボーンマス:14失点/23.3%
  8. リヴァプール:7失点/25.9%
  9. ブライトン:14失点/26.9%
  10. マンチェスター・シティ:10失点/29.4%
  11. ウェストハム:18失点/30.5%
  12. チェルシー:15失点/30.6%
  13. ニューカッスル:16失点/30.8%
  14. エヴァートン:16失点/30.8%
  15. ノリッジ:21失点/31.3%
  16. アストン・ヴィラ:21失点/32.3%
  17. ワトフォード:19失点/35.2%
  18. レスター:13失点/36.1%
  19. マンチェスター・ユナイテッド:13失点/39.4%
  20. アーセナル:20失点/45.5%

なんとアーセナルは全失点の半分ほどをセットプレーから許している!2位のマンチェスター・ユナイテッドより6%も上回るほどだ。

【関連記事】「アーセナル、この夏に売却すべき9人の選手」

もしそのセットプレーの失点をシェフィールド・ユナイテッドと同じ5にとどめていれば、総失点数は29。これならばリーグ2位の堅守になるのだが…。