若くしてアーセナルに引き抜かれたアルゼンチン人GKダミアン・エミリアーノ・マルティネス。

これまで6度のレンタル移籍を経験している彼は27歳になった。

アーセナル愛を多いに語った『Sky Sports』のインタビューでは、こんなことも口にしている。

ダミアン・エミリアーノ・マルティネス(アーセナルGK)

「ダヴィド(・ルイス)は長年トップにいる。Musti(シュコドラン・ムスタフィ)も同じさ。

ビッグクラブでミスを犯すと叩かれることがある。

アーセナルでは人々が敗戦をDFのせいにすることが多いように思える。でも、彼ら(守備陣)の後ろにいる自分は本当に安心感があるんだ。

彼らには経験があるし、試合中ずっと声を出し続けている。彼らの後ろでプレーしたら、人々と言っていることとは違う(ことが分かる)。

『あぁ、彼らはミスをやらかした。プレーの仕方が分かってないな』ではないんだ。

自分は本当に安心できているよ。僕らはプレミアリーグで復調するなかで3度のクリ―シートをキープしている。

人々もDFがソリッドになったと言い始めているね。

今の僕らには体制、ゲームプラン、ゲームマネージメントがある。守備はまずます強固になっているように見える。

信じてくれ、ダヴィドとMustiはトッププレイヤーだよ」

リーグ戦では3試合無失点だったアーセナルだが、第34節レスター戦では天敵ジェイミー・ヴァーディに失点を許した。

マルティネスが守るゴールを割られた失点シーンがこれ(以下動画5分45分)。

これを絶対に逃さないのがヴァーディだ…。

【関連記事】 「プレミアリーグ史上最低と評価された5人の悲しきGK」

なお、試合は1-1の引き分けで終了している。