かつてアーセナルで長くプレーしたものの、プレミアリーグでの最後の数年は選手生命を脅かされるような怪我に苦しめられたサンティ・カソルラ。

一時は歩けなくなる可能性すら示唆されるほどの状態にあったが、数年でようやくピッチに復帰することに成功した。

今季は古巣のビジャレアルへと戻り、リーガで再び活躍。シーズンを通して記録した11ゴール9アシストがまとめられているぞ。

「腱が溶けた」とも言われる状態だったとは思えない…イキイキしている35歳カソルラの姿に感動するぞ。

【関連記事】育ったクラブに「驚くべき復帰」をした10名のスター

なお、今季限りでカソルラの契約は終了。おそらくチャビ・エルナンデスが監督を務めているアル・サッド(カタール)に移籍すると言われている。