かつて本田圭佑が所有していたSVホルンが戦っていたことでも知られるオーストリアの2部リーグ。最終節にスゴいことが起こって話題になっている。

最後の試合を前に、1位のリートは勝点61で得失点差+25、2位のクラーゲンフュルトは勝点61で得失点差+24というランキングになっていた。

もちろん両チームが大量得点での勝利を求める中、2位のクラーゲンフュルトはヴァッカー・インスブルックを6-1で撃破した。

ところが、対するリートはなんとフローリツドルファーを相手に9-0ととんでもないスコアで勝利を収めていたのだ。その全ゴールの動画がこれだ。

PKが2度与えられていることもあって、一部からは「八百長ではないのか」という声も…。

なお、6-1で勝ったにもかかわらず逆転できなかったクラーゲンフュルトは、この結果を受けてリーグ連盟に調査を要求することを決定したと伝えている。

【関連記事】ラオス代表の名選手、国際試合での八百長で「永久追放」に

試合の映像を見れば、それほどあからさまな八百長が行われているようには見えないが…。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら