10代でアーセナルへと引き抜かれ、さらにレアル・マドリーへと移籍するという稀有なキャリアを持っている元フランス代表Fwニコラ・アネルカ。

天才ヤングスターと話題になったが、その後PSG、リヴァプール、マンチェスター・シティ、フェネルバフチェ、ボルトン、チェルシーと様々なクラブを渡り歩くジャーニーマンに…。

サッカー界で異彩を放った問題児アネルカの人生が、今回『Netflix』でドキュメンタリー映画化された。

『Misunderstood』(誤解された)と題されたプログラムは8月5日に公開となっており、そのトレーラー映像がこれだ。

ティエリ・アンリやディディエ・ドログバ、アーセン・ヴェンゲル氏らへのインタビューも含まれており、これまでにないアネルカのドキュメンタリーになっているそう。

【関連記事】3月9日に知りたい!背番号「39」を好むサッカー選手たち

なお、アネルカは2015年にムンバイ・シティでプレーしたのを最後にピッチを離れており、現在はフランス・リーグアンのリールでユース年代を指導している。