14日にトルコのイスタンブールでUEFAスーパーカップを戦ったリヴァプール。相手はヨーロッパリーグ王者のチェルシーだった。

試合は延長戦も含めて120分を消化し2-2の同点に。決着はPK戦による勝負に持ち込まれた。

そこで活躍を見せたのが、怪我で離脱したアリソンの代わりにゴールマウスを守った新加入のGKアドリアン。チェルシーの5人目タミー・エイブラハムのシュートを足でブロックし、リヴァプールに勝利をもたらした。

勝利の瞬間を見届けたリヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、こんなネタをぶち込んできた。

「なんて物語だ。エイドリアーン!」。アドリアンは英語読みすればエイドリアン。つまりあの名作映画「ロッキー」のクライマックスをもじったものだ。

先日は「英語はフレンズ(アメリカのドラマ)で学んだ」と話していたクロップ監督。やはりロッキーもしっかり見ているようだ。

初タイトルを獲得したリヴァプールは今週末吉田麻也が所属しているサウサンプトンと対戦する予定となっている。