14日にチェルシーとのUEFAスーパーカップを戦ったリヴァプール。会場はトルコのイスタンブールだった。PK戦の末に試合を制し、今季初タイトルを奪取している。

そして、いち早く現地入りしたリヴァプールはスタジアムで練習を行ったのだが、その際にはこんな子どもたちと交流を行っていた。

片足でプレーする松葉杖の子供や、下半身を失っていることから手でボールを扱う子供たちだ。

彼らとリフティングで交流するリヴァプールの選手たちの笑顔も印象的で、サッカーの素晴らしさ、そして果たすべき役割を再確認させてくれる映像である。