サン(3)キュー(9)の語呂から「ありがとうの日」となっている3月9日。

卒業シーズン、さらに日付そのものも、レミオロメンが2004年にリリースした名曲のタイトルであることから、「なんとなく気になる日」という人は少なくないはずだ。

そんな3月9日を思わせる、「39」の背番号を好んできた選手たちがサッカー界にはいる。

国内外から4名をピックアップしてみた。

ニコラ・アネルカ

マンチェスター・シティ(39番:2002~2005)

フェネルバフチェ(39番:2005~2006)

ボルトン(39番:2006~2008)

チェルシー(39番:2008~2012)

上海申花(39番:2012)

WBA(39番:2013~2014)

ムンバイ・シティ(39番:2015)

背番号39といえば、まずはこの選手。

フランス代表のアネルカはアーセナルやPSG、リヴァプールで9番を背負ったのち、2002年に加入したマンチェスター・シティで“約束の番号”にたどり着いた。

このシティ時代にストライカーとして復調したこともあってか、以降ほとんどのクラブで39番をつけている。