5日に元ガンバ大阪の泉澤仁を獲得した、ポーランド1部のポゴニ・シュチェツィン。

ここでは、泉澤が袖を通すポゴニの今季のユニフォームをご紹介しよう。

かつてポゴニでは、赤星貴文など数人の日本人選手がプレーし、現在は北野晴矢がポゴニ・シュチェチンⅡ(4部)に所属。なお北野は年明けから、トップチームのキャンプに帯同している。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Pogoń Szczecin 2018-19 Zina Home

ポゴニ・シュチェツィン 2018-19 Zina ユニフォーム

ホームキットはネイビー/レッドの組み合せだが、これはホームタウン(シュチェツィン市)の旗・紋章の色と同じ。逆三角形型が特徴的なエンブレムには、街の紋章と同じくグリフォン(上半身が猛禽類、下半身がライオンという伝説上の生き物)の首のみを描く。

ポゴニ・シュチェツィン 2018-19 Zina ユニフォーム

胸スポンサー「Grupa Azoty」はポーランドの化学工業メーカー。背中下にはシュチェツィン市のロゴを掲出する。

現在トルコでキャンプ中のトップチーム。泉澤は18日の練習試合で先発メンバーに名を連ねた。