今夏、ビッグクラブへの移籍が噂されているアヤックスのカメルーン代表GKアンドレ・オナナ。まだ24歳と若いが、故郷に素敵な支援をしていたようだ。

『Actu Cameroun』によれば、母親が暮らすカメルーンの村に電気を開通させたという。エソウサムという村に送電線をつなげることにしたそうで、そのおかげで大部分に電気が開通したとか。

これによって両親は闇を照らすためのオイルランプを使わなくてよくなるはずとのこと。また、住民はテレビを見たり、(明るいので)遅くまで外で会話をしたりすることができるとされている。

素敵な心を持つオナナ。その反射能力がどれほど凄いのかがよく分かるプレーがこれ。

最初のセーブは驚異的…反応とノビが異次元だ。

【関連記事】今世界で最も優れたGKとは誰だ?10名を「格付け」

チェルシーがオナナの獲得を狙っているとされているが、果たして。