スペイン1部リーグのビジャレアルは11日、日本代表MF久保建英をレアル・マドリーからの期限付きで獲得したことを公式発表した。

昨年の夏にFC東京からレアル・マドリーに加入した久保。

2019-20シーズンはマジョルカに貸し出され35試合4ゴールを記録したが、チームは降格したため新天地が注目されていた。契約はレアル・マドリーからのローンで、1年間の期限付きとなるとのこと。

昨季前半戦ではなかなか一貫性ある出番が得られずに苦戦したものの、後半戦ではチームの中心選手に。その評価もうなぎのぼりとなり、マジョルカの公式Youtubeでも頻繁に特集が組まれるように。

こんなトレーニングの模様に密着したスペシャル映像まで…。

【関連記事】久保建英のライバル?いま最も「NEXTメッシに近い」5名

今夏はパリ・サンジェルマンやバイエルン、レアル・ソシエダ、セビージャなど様々なクラブが関心を寄せていると噂されていたが、最終的には同じリーガのビジャレアルで修行することとなった。