レアル・マドリーの守護神としてゴールマウスを守っているティボー・クルトワ。

2019-20シーズンのスケジュールを終えてからは短いバカンスへと出かけており、次なる戦いへの準備を進めている状況だ。

クルトワはそのなかでカディスにある「Zoo Castellar Frontera」という動物園を訪れたそう。その様子がこれだ。

虎や蛇と戯れるクルトワ!

2019-20シーズンのリーガ最優秀GKとなる「サモラ賞」を獲得したクルトワ。こんな動画も掲載されている。

圧倒的なセーブの数々!

【関連記事】頭が痛い...プレミアリーグ、「ちょっと酷かったGKユニフォーム」6選

動物と戯れることがこの動物的なセービングを生み出すのか…何という選手であろうか。