UEFA女子チャンピオンズリーグ決勝、リヨンがヴォルフスブルクを3-1で下して前人未到の5連覇を達成した。

ボランチとしてフル出場した熊谷紗希は豪快なミドルシュートを叩き込む活躍。決勝で得点した初めてのアジア人選手にもなった。

熊谷のゴールを「すごいロケットシュート。なんてゴールだ!」と伝えた海外メディアは、なぜか鮫島彩とのこんな絡みも紹介していたぞ。

 

鮫島にガブッと噛みつかれる熊谷…。懐かしの映像だ。

【関連記事】サッカー史上最強の「貴公子」イケメン10名を選んでみた

その熊谷は「ブラボー&メルシー。このチームを誇りに思う。史上初のチャンピオンズリーグ5連覇達成しました。嬉しすぎて連続の投稿になっちゃうかもですがお許しください。仲間に感謝。全てに感謝。応援本当にありがとうございました」とフランス語も交えたメッセージをSNSに投稿している。

ちなみに、熊谷が試合後に着ていた背番号14のユニフォームは怪我のために欠場した大エースFWアダ・ヘゲルベリのもの。この舞台に立てなかった仲間のことを思いやっていたようだ。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら