プレミアリーグ第2節、トッテナムはサウサンプトンを2-5で撃破した。全5ゴールはハリー・ケインとソン・フンミンの2人で奪っている。

ソンも互いの好みが分かっていると述べているが、そのコンビネーションはプレミアリーグで屈指のものになっているようだ。

『BBC』によれば、2015年8月以降のプレミアリーグで最も多くの得点に絡んでいるのは、ソン&ケインのデュオだそう。2人は計24得点(ゴールとアシスト)を叩き出している。

2位はセルヒオ・アグエロ&ケヴィン・デブライネの計20得点。3位はケイン&クリスティアン・エリクセン(19得点)、4位はケイン&デル・アリ、ジェイミー・ヴァーディ&リヤド・マフレズ(18得点)。

昨季のアシスト数は2だったケインだが、イングランド選手として初となるプレミアリーグ1試合4アシストを記録。さらに、1試合4ゴールを全て同じ選手がアシストするのは、プレミアリーグ史上初だそう。

同紙では「ソンとケインのコンビが歴史を作る。テレパシーのような関係性」とも伝えている。当然ながら同じチームでプレーしている期間が関係するスタッツではあるが。

そのソンとケインの仲良し具合がよく分かるシーンがこちら。

いい関係性だ…。

【関連記事】プレミアリーグで「最もゴール率が高い攻撃コンビ」TOP10

2人を補完していたデル・アリのPSG移籍が伝えられるなか、復帰したギャレス・ベイルがどう絡んでいくのか楽しみだ。