アトレティコ・マドリーはウルグアイ代表FWルイス・スアレスと2年間の契約を結んだと発表した。

メディカルチェックを終えたスアレスはすぐに初練習に参加。あの恒例の儀式をやられるこんなシーンもあったぞ!

チームメイトたちに叩かれるスアレス…。これはパシージョと呼ばれる新加入選手たちへの恒例儀式だ。

【関連記事】バルセロナ、すぐ「売れるなら売るべき」10名の選手

アトレティコは27日にグラナダと戦う。スアレスの古巣バルサとの対戦は11月末に組まれている。